登山健康効果.com » テント泊をする場合

登山とテント泊

登山にある程度慣れてきた方がよく言われるのが、いつかテントに泊まる登山をしたいということです。慣れないうちは日帰りや、頂上付近に山小屋があるところで泊まるのが無難ですが、自分で寝床を作るという登山に憧れる方も多いのです。

確かにこのように野外で一夜を明かすことには様々な魅力がありますが、同時に、実践するにはいくつものハードルも越えていかねばなりません。

例えば、テントで泊まるのなら当然それを持って行かなければいけませんから、荷物が増えます。食料やそれを調理するための器具なども持って行く必要がありますから、さらに荷物は重くなります。

またしっかりと設営するための技術や、万が一急に悪天候になってしまった場合の対処法など。必要な知識や体力が、日帰りや山小屋宿泊より多くなるのです。

しかしそれらの困難を踏まえても尚、人を惹きつけて止まない魅力があります。少し登山に慣れてきた初心者がこのような山登りを楽しむための道具の選び方のポイントをいくつかご紹介します。

まず購入の際には、自立式のものを選びましょう。これは地面に杭を打つ必要がないため、初心者でも比較的簡単に設置することができます。

また、選ぶ際には組み立て方式だけでなく重さや収納人数もしっかりと確認しましょう。荷物のことも考え、人数+1人分の広さの物を選ぶのが良いです。

次に寝床です。寝袋だけでは地面が硬くて寝にくいので、マットレスも一緒に購入するようにしましょう。ウレタンマットタイプのものが、お値段の安さのわりに快適で初心者にオススメですが、お金に余裕があるようならエアマットタイプの方がさらに寝心地良くできます。

寝袋は素材と快適温度を確認しましょう。一般的に、快適温度が5°前後のものが使いやすいと言われています。また快適温度のほかに限界温度というのも表示されていますので、これもしっかりチェックして購入してください。

最後に。いきなり山に行くのではなく、まずは平地のキャンプ場や広い公園などで設営の練習をするようにしてください。

また登山を本格的に始めるのであれば、マイカーを購入することがおすすめです。登山口のすぐ近くまで行くことができますし、下山後の疲れた身体で電車やバスを使い帰宅するのはかなりしんどいはずです。

ですが、マイカーがあれば電車やバスを利用しないでそのまま帰宅することができます。車が無い方でも下山後はかなりの体力を消耗していますから、レンタカーなどを借りるなどをおすすめします。身体に無理なく、登山を楽しんでいきましょう。

車買取ガリバーの口コミや評判はこちらから