登山健康効果.com » ストレッチポールを使ったエクササイズ

ストレッチポールを使ったエクササイズ

現代社会の生活の中で、私たちはカラダを酷使しています。そのために、カラダの各部位に負担がかかり、歪みが生じるのです。そのカラダの部位の中でも最も大切なのが、一本の大黒柱、背骨です。

背骨はS字カーブを描いている事はご存知かと思います。背骨は緩やかなS字を描く事で、程よく負荷を分散し、バランスの良い体、いわゆる姿勢が良い状態を作るのです。

しかし、このバランスはとても繊細で、片側に強い負荷がかかっていれば、バランスをとろうとしてS字を崩してしまうのです。骨には筋肉が繋がっていますので、デスクワークを行っている会社員の方などは、筋肉が凝り固まり、骨の動き、つまりは背骨の動きを悪くしやすいのです。

結果、バランスをとるために負荷のかかる体勢となり、肩こりや腰痛を引き起こします。さらには血液の流れにも影響が出ますから、ずっと体調が悪い、なんてこともあることでしょう。

そこで、ストレッチポールを紹介したいと思います。これはポールの名の通り筒状で、ポールの上でバランスをとりながらカラダを正しいバランスに整えて行く道具です。

今までは整体など、他の人にお願いしてゆがみを直してもらっていたものが、これがあれば自宅で行えます。では、ストレッチポールの基本姿勢を紹介します。

まず、ストレッチポールに乗ります。足と手は床につき、リラックスしましょう。ポイントは自分の感覚で一番安定する姿勢を見つける事です。出来たら、深呼吸。4、5回行うと、背中がのびて、胸が開いていく感覚を抱くのではないでしょうか。

これだけでもカラダが楽になると思います。ストレッチポールの使用で、注意しなければならないのは、長時間の使用を避ける事です。やり過ぎると、かえってカラダに負担となり、あとから疲労を感じるかもしれないからです。

他には、十分な広さを確保してから行う事、食後や入浴後はさけること、腰痛などの痛みがひどい場合は使用を避ける事。つまりは無理せずリラックスして行える環境を作る事が大切です。