登山健康効果.com » 発症の原因

すべり症・分離症

発症の原因

慢性的な痛みを伴う腰の病気として知られているのがすべり症と呼ばれるものです。これは40代から60代がかかりやすいとされている病気ですが、どうしてこの病気が起きてしまうのでしょうか。

これは筋力などの衰えなどで腰椎と呼ばれる部分が滑りを起こしてしまうことでなってしまう病気なのです。

しかし、これら以外にも腰椎の滑りというのは起きてしまうのです。それが生活環境です。近年仕事などを行っている人の中にはデスクワークなどを行う人が増えてきました。

そのデスクワークが知らずのうちに腰椎の滑りを起こしているというケースが増えてきているのです。さらには食生活などによって栄養バランスが崩れてしまい、この滑りを起こしてしまうのです。

これが多くの人がこの病になってしまう要因として知られています。それ以外によく言われるケースとしては、外からの圧力によりなってしまうというものです。

これは交通事故などのように外から大きな圧力を受けることにより滑りを起こしてしまうというケースです。スポーツなどを行っている人でもなる場合があります。

このようにすべり症というのは様々な理由で起こることが多いのです。しかし、これらはしっかりと予防することも可能です。

前者の場合は生活習慣を正してしっかりとした生活を心がけるだけで簡単に予防することができます。デスクワークなどもある程度の運動を行っていれば問題はないのです。

後者の場合もしっかりと普段から筋肉を動かして全体のバランスを整えておくことで予防することができるようになるのです。

すべり症にならないためにはどういった原因でなるのかを知りしっかりと予防することが大切なのです。ある程度の年齢になってきたらしっかりと予防し、健康を崩さないように気をつけましょう。