登山健康効果.com » バリアフリーの問題点

バリアフリーの問題点

バリアフリーリフォームが今注目を浴びています。こういった住宅がこれから先必要になってくることは、高齢化社会では間違いないことから、リフォームに関してもそれに合わせた工事をしていこうという方も増えています。

バリアフリーリフォームは何も段差をなくすということだけではなく、いかに体が不自由な方にとっても住みやすい住宅であるかということが重要になってきますが、一見便利なその工事にも多くの問題点があります。

まず考えられるのは、バリアフリーにするには新築にしろリフォームにしろ費用がかかってしまうということです。

これでは一部のお金持ちだけが将来的にも住みやすい住宅に住めてしまうということができてしまい、公共の福祉に反してしまいます。

高齢者・障害者にも住みやすい国を作るということは国の政策でもあります。こうなってしまっては公共の福祉の精神とは違ってきています。

もちろん、補助金などがおりるようになっていますので、このあたりはやや緩和されていますが、それでも福祉の観点からしたら少し話が違っています。