登山健康効果.com » 効果期間はどれくらいか

効果期間はどれくらいか

ヘルニアや変形性膝関節症といった痛みを伴う病気になったことがある人にとってはブロック注射というのはなじみがある方も多いのではないでしょうか?

こういった病気になったことない方にとってはあまり知らないという人も多いかも知れません。これはとても高い効果を持った注射なので、覚えておいたほうがいいものなのです。

ではなぜこの方法がよく使われているのでしょうか。ヘルニアや膝関節症などに共通するのは痛みです。

こういった病気から来る痛みというのはすぐに消えることはなく場合によっては眠られないほどのものになってしまうこともあります。

そういったときに痛み止めがつかわれることがほとんどですが、これも長くは続かないことが多いですよね。長く聞いても一日程度のためまたすぐに使わなければなりません。

しかし、この方法ならばそういった症状をしっかりと抑えることができるのです。この治療法の特徴は痛みを伴っている部分に直接打つということです。

この方法は麻酔注射で原因となっている部分に直に打つことにより症状をやわらげるといったことができるのです。この注射の特徴は症状を抑えるというだけではく持続時間が長いということです。

通常は一日程度なのですが、この方法では数週間程度が持続するのです。長く持たせることができるのでこういった痛みを伴う病気にはよく利用されているというわけです。

このブロック注射を打つことができる病院というのは増えてきました。多くの場所で打つことができるようになっているので、費用などがより安い場所を選ぶのがポイントになっています。

こういったブロック注射を利用すれば痛みは長く抑えることができるので、どうしてもつらいという方は利用してみてください。