登山健康効果.com » キッチンの種類

キッチンの種類

毎日使うキッチン。もっとシンク・調理する場所が広かったらな、ガスじゃなくてIHクッキングヒーターにしたいなど色々考えることがあるかと思います。そんなキッチン。最近、リフォームをする人が増えています。

機器選びはもちろんですが、レイアウトやスタイルも合わせて考えていくことが、キッチンのリフォームでは大切になってきます。

ですが、実際リフォームのレイアウトやスタイルといわれても、なかなか難しいですよね。なので、簡単に書きたいと思います。今回は私が気になったスタイル。これについて書いていきます。

スタイルとは、分かりやすくいえばキッチンの種類ですね。リフォームの前に、キッチンにはどんな種類があるか知っておくと良いと思います。

リノベーション費用見積比較ナビなどのリフォーム情報サイトで、調べておくといいでしょう。家族で住んでいて家族とのコミュニケーションを大切にしたい場合は、オープンタイプがおすすめ。

単にオープンタイプといっても、大きく3種類あります。まず一般的にオープンタイプといわれているのが、キッチン本体を壁に付け、ダイニングと一体化したスタイルのタイプ。

2つ目がセミオープンタイプ。オープンタイプキッチンをカウンターで仕切ったスタイル。カウンターを置くことでダイニングとの間に仕切りができ、ここで盛り付けができたりなど楽しめますね。

3つ目はオープン対面タイプです。吊り戸棚など付けずに、シンクなどをオープンに。調理しながらダイニングが見えて、コミュニケーションもとりやすいと最近人気のスタイルですね。

これらの他に、クローズタイプというものもあります。クローズタイプは大きく2種類あります。1つ目はクローズドタイプ。キッチンが1つの部屋として完全に独立しているスタイル。

独立した空間が欲しいという人には良いかもしれません。また独立しているので、調理の臭いなどは気になりませんよね。2つ目はセミクローズドタイプです。

これは先程話したオープン体面タイプに似ているのですが、プラス吊り戸棚があるタイプ。シンク自体も見えないように工夫されています。これも最近人気ですね。このように、キッチンリフォームと一口でいっても、様々です。また、好みも人によって様々です。

せっかくリフォームするなら、納得のいく仕上がりにしたいですよね。毎日使うキッチンですから、リフォーム業者さんとしっかり話し合い、満足いくリフォームをしましょう。