登山健康効果.com » 頚椎ヘルニアとは

頚椎ヘルニアとは

年齢を重ねていくことにより発症しやすいとされる頚椎ヘルニアですが、その理由は加齢が進むことで骨に含まれる水分やコラーゲンなどのゼリー状のクッションの役割を担っている成分次第に減少していくためと考えられています。

コラーゲンなどの骨や関節部に必要とされるクッション成分は20代でピークを迎え次第に減少していくので、日々骨にかかっている負担の耐性が自ずと落ちていってしまいます。

加齢とともに水分やクッション成分が減少し、衰えていくと共に長年溜まっていた負担の影響が表れ始め、脊椎の歪みが目立つようになり背骨が曲がったりすることや首や腰を曲げる運動が困難に感じるようになることがあります。

そうなると正しい姿勢を取ることが更に難しくなるため、頚椎ヘルニアの発症確率が高くなります。つまりそれが高齢者に頚椎ヘルニアが多いと推定される理由の一つなのです。

年齢による椎間板の変成の予防として、若いうちから姿勢に気をつけるなどすることで多少抑えることが可能ですが、必ずしも年をとった時の頚椎ヘルニアの発症を予防できるというわけではありません。

若い段階だと日々の生活習慣などの改善である程度の予防が可能になりますが、加齢が原因に関わっている場合には頚椎ヘルニアの予防法というものがないのが現状です。

頚椎ヘルニアの発症は近年、若年者にも増加の傾向にありますが、中年者や高齢者も発症の確立としては未だ十分多いとされています。

しかし、頚椎ヘルニアの発症原因はそれぞれ大まかに分けると2つ程に分けられ、若年者や中年者に多いとされるのは突発的な外傷性の頚椎ヘルニアや仕事などからくる慢性的なものですが、高齢者に至っては骨やその他の器官に必要な成分不足や長年蓄積された椎間板の歪みからの発症ということが非常に多いようです。

このように、年齢を重ねるごとに頚椎ヘルニアの発症確率が高くなるという説は決して間違いというわけではなく、加齢が進むにつれて脊椎への負担も大きくなるという根拠から、高齢者は頚椎ヘルニアを発症しやすいと言えるでしょう。