登山健康効果.com » どのような症状があるか

どのような症状があるか

今では椎間板ヘルニアというのはほとんどの人が知っているほどメジャーなものになってきました。しかし、名前は聞いたことがあっても実際にどういった病気なのかということを知らないという人は多いと思います。

では椎間板ヘルニアというのはどういったものなのでしょうか。椎間板ヘルニアというのは人間の体を支えている骨の一部の椎間板が飛び出してしまい神経を圧迫してしまうことを言うのです。

この椎間板というのは様々な場所があり、それぞれの場所によってどのような異常が出るかも変わってきます。たとえば頸椎の場合です。

頸椎というのは首を支える骨のことですが、この頸椎で椎間板ヘルニアが起こってしまった場合には最初に肩こりなどが現れるのです。

そのため、ヘルニアになったことになかなか気付きにくいのですが、この肩こりというのは普通の肩こりとは違い長く続く肩こりなのです。そして、悪化してくるとヘルニア特有の不調があらわれてきます。それが痺れと痛みです。

ヘルニアの大きな症状というのは痺れと痛みなのです。特に痺れは悪化すればするほど酷くなり物をもてなくなったり、歩けなくなったりするといったこともあるのです。

さらにヘルニアに悩まされる人の多くは腰の痛みなどに悩まされることが多いのです。頚椎ヘルニアというのはこの二つが同時に起こるためとても厄介なものなのです。

ではこのようなヘルニアになってしまったらどうするのでしょうか。頚椎ヘルニアになった場合にはまずは病院に行き適切な治療を受けることが重要です。

頚椎ヘルニアというのはしっかりと治すことができるようになっているので軽い場合にはリハビリやストレッチなどをするだけでも簡単に治すことができるのです。

しかし、ある程度進行してしまっている場合には手術することもあるので、異常に気が付いたらできるだけ早めに病院に行くようにしてください。