登山健康効果.com » 鍼治療について

鍼治療について

五十肩は四十肩とも呼ばれますが、多くの方が紛らわしく感じているようです。昔は40代の方が多くかかった症状のため、四十肩と呼んでいたようですが、今では50代が最も多いため、四十肩は五十肩と呼ぶ人が増えた、というのが五十肩の正しい見解のようです。

しかし、40代でこの症状を持った場合を四十肩と呼ぶところも多いようです。この五十肩あるいは四十肩の治療法として多く用いられるのが、鍼灸、つまり鍼治療です

はじめは整形外科で診断を受けてみたという場合でも、病院での鎮痛薬にもあまり効果が無かった、というケースも多く、診断されたらすぐに鍼治療に行くという方も多くいらっしゃいます。また、最近では整形外科で医師をされている方の中にも、鍼治療で五十肩を治療するというケースが増えていると言われています。

鍼灸では、まずしっかりと問診を行います。五十肩が現在、急性期、慢性期、または回復期のいずれにあるかということや、痛みが続いているか、前よりも軽くなったか等の、痛みの経過について、日常生活のレベルについてなど、事細かにチェックします。

その後、レントゲンを撮ることはなく、すぐに治療方針を決定しますが、それに伴って可動域のチェックも行います。

首にゆがみなどがないか、また、腕や肩が上がる角度を定期的にチェックしたり、痛みごとの角度を記録したりします。

特に急性期では、針は強すぎると症状を悪化させてしまう場合が多いため、じっくりと症状を観察しながら必要な分だけを治療していきますが、慢性期に入って痛みも緩和されてくれば、針を的確にうちながら、リハビリを指導していくのが常です。

特に可動域がまだ狭い状態で、急性期が長く、その間全く運動やストレッチをしていなかったという場合には、リハビリは大切です。

リハビリをしなければ、五十肩の痛みが全くなくなってある程度可動域も満足いくレベルになったとしても、完全な可動域を取り戻すことが困難になってしまうという例も少なくありません。